ドッグダンスコンペ&プレコンペ&ファンマッチ

                   supported by ワンダフルステップ

 

 

規定書

 

ワンダフルステップが主催するドッグダンスコンペ&ファンマッチは、独自のルールによる評価・配点になります。

ドッグダンスの醍醐味である「曲との融合性」を重視し、ペアとしての表現や関係性により「作品性」が秀逸になるパフォーマンスを目指したい意向です。


一般規定

 

1、       全ての犬は出陳者の管理のもと、自己責任において会場に入場すること。主催者はいかなる事故においても関与しません。

2、       犬の健康と福祉が保証されていないと判断した場合は、参加を認めない場合があります。

 

3、       他人・他犬への攻撃性が認められる犬は参加できません。そうした行為の危険性のあるペアは、事前申告をお願いします。主催者の判断により除外する可能性があります。

 

4、       エントリーは、入金の確認後に正式な受理となります。

 

5、       エントリー受理後は、いかなる理由においても返金しません。(開催場所の規定により、ヒートの場合のみ受理します)

 

6、       コンペクラスにおいては、犬がリンクに入場後に練習することはできません。ホワイエに戻ることもできません。(失格)

 

7、       ジャッジングに対する抗議や非難は認めません。

 

8、       イベント会場内(駐車場など含む)にて、犬に対する手荒な扱いが認められた場合は即時退場、及び、演技終了後であっても失格となります。

 

9、       犬の装飾品は、首回りのみ許容します。ダブルカラーは失格です。

 

10、犬の被毛のカラーリング、過度なトリミングは失格の対象。自然な犬の姿の美しさを損なうアプローチの全てを失格の対象とします。

 

11、リンク内で使用する小道具・大道具の設置は、音響チェックを兼ね1分以内に設置、及び撤収。設置、及び撤収についてはハンドラー以外の人間が行っても良い。ただし事前申告の1名のみを許可します。

 

12、小道具・大道具については、ルーティンに不可欠であること。犬の行うムーブは、小道具を3回以上使用すること。
衣装の一部を犬のムーブに用いる場合、小道具と見なされます。

 

 

 

エントリーについて

 

1、     ペアのスキル(年齢、技術スキル、など含む)に合ったクラスへのエントリーを推奨します。スキルに見合わないクラスエントリーは、大幅な減点の対象となります。
(上級ペアの初級クラスエントリーなど)

 

2、     エントリークラスに見合うコンテンツの難度・種類を推奨します。
  

3、     同一クラスに同じ犬との複数エントリーは可能です。ただし、違う曲でのエントリーに限ります。

 

4、     FS(フリースタイル)部門
(ノービス・インターミディエイト・アドバンス)

HTM
(ヒールワークトゥミュージック)部門
(ノービス・インターミディエイト・アドバンス)

各部門において、シングル、ペア、グループ、でのエントリーが可能です。

 

5、     エントリークラスは自己申告制とします。

 

6、     演技する曲は、1分~4分とします。4分を越す演技は失格対象です。

 

   7、 コンペ部門・プレコンペ部門・ファン部門 の3部門での同時開催です。

      プレコンペ部門は、コンペ規定に準じます。トリーツやトイなどのモチベーターの持ち込み可。
      ファン部門は、規定外での演技が可能です。(例:HTM50%+FS50%など)



採点(40点満点)

 

1、     表現・正確さ・出来栄え(Presentation10


全体の流れ、犬の呼応性、明瞭な指示、正確な動作

 

エントリークラスに見合った内容の表現

 

 

2、     内容・構成(Content10

 

全体構成の流れ、犬の年齢・健康状態に適切な内容、リンクシェアのバランス、

11つの構成のつなぎのスムースさ、犬のスキルに合った曲の長さ、

 

ヒールワーク/フリースタイルのパーセンテージ

 

エントリークラスに合ったコンテンツの種類と数

 

 

3、     作品性(Artistic Interpretation15

 

曲の表現、人の動きや犬の動きがフレーズに合っているか、感情の表現の有無、

犬の動きと人の動きのリンク、ムーブメントの意味付け、衣装、

 

曲がBGM化しているとみなされた場合、大きな減点対象。

 

 

4、     インスピレーションスコア(Inspiration Score5

サブジャッジによる直感的スコア。サブジャッジは、自身が出陳することもあるため参考点とするが、スコアに合算される

 

 

5、     同一点の場合

合算スコアが同点のペアが居る場合、再演技を行い評価します。

 

 

 

 

HTM(ヒールワーク トゥ ミュージック)

 

1.HTMのルーティンは、最低75%のHTM動作と最高25%のフリースタイル動作を組み込むことができます。HTM動作が75%に満たない演技の場合は大きな減点になります。
また、犬がハンドラーから2m以上離れてはいけません。

 

2、HTMにおける犬とハンドラーの距離は15㎝以下とします。距離は、犬と人の最も近い部分で測定されます。犬とハンドラーの距離が50㎝を越した場合は、フリースタイルとみなされます。
犬は常に、ハンドラーのペースと方向に適応し、平行な動きを保持しなければいけません。
犬はいかなるポジション・ムーブメントにおいても、自立し自然に動く必要があります。

 

3、HTMのコンテンツは、10ポジション、6方向、とします。

 

4、構成コンテンツは、左右バランスが取れていることが望ましい。

 

5、ノービスクラス 23ポジション、インタークラス 36ポジション、アドバンスクラス 710ポジション

 

6、コンテンツについて

10ポジション 

①:犬の右肩が、ハンドラーの左足(左側)の隣に平行に位置している。

②:犬の右肩が、ハンドラーの右足(前側)に平行に位置している。ハンドラーの足先の内側でも外側でも良い。
③:犬の右肩が、ハンドラーの右足(右側)に平行に位置している。

④:犬の右肩が、ハンドラーの左足(後ろ側)に平行に位置している。

⑤:犬の左肩が、ハンドラーの右足(右側)の隣に平行に位置している。

⑥:犬の左肩が、ハンドラーの左足(前側)に平行に位置している。ハンドラーの足先の内側でも外側でも良い。

⑦:犬の左肩が、ハンドラーの左足(左側)に平行に位置している。

⑧:犬の左肩が、ハンドラーの右足(後ろ側)に平行に位置している。
⑨:犬がハンドラーの足間に位置し、ハンドラーと同じ方向を向いている。犬の肩はハンドラーの足と同位置。

⑩:犬がハンドラーの足間に位置し、ハンドラーと逆の方向を向いている。犬の肩はハンドラーの足と同位置。


6方向

 前進、後退、右方向サイドステップ、左方向サイドステップ、右旋回、左旋回


FS(フリースタイル)

 

FSのルーティンは、最低75%のFS動作と最高25%のHTM動作を組み合わせることができます。動作が犬の健康を危険にさらさない限り、様々な動作が許容されます。

 

リンクのシェア率には言及しませんが、リンク使用バランス(左右)がとれていることが望ましい。